ダイワハウスで「風水家相」住宅を建てる!!【間取りプランがもらえる】

ダイワハウスで「風水住宅」を実現

 

「ダイワハウス」で風水住宅を建てることができます!!

 

「ダイワハウス」では、風水や家相を取り入れた間取りの提案も行っています!!

 

 

ダイワハウスで「風水住宅」

ハイムの風水

 

大手の名の知れた有名ハウスメーカーでは、「風水」や「家相」の考え方を取り入れた注文住宅の間取りが実現できなと思われている方多いようです。しかしそれは大きな間違いです。実はダイワハウスは違います。ダイワハウスはとても積極的に「風水」「家相」を取り入れた住宅を提案しています。

 

せっかくダイワハウスで家を建てるなら、風水の考え方を取り入れた、開運の「風水住宅」にしてみませんか?

 

 

こちらのサイトから、ダイワハウスの「風水住宅」の間取りが請求できるのです。風水学の専門家とダイワハウスの専任設計士がプランニングした、あなただけの特別な「開運の風水間取りプラン」が送られてきます。

 

しかも、完全無料です!!

 

 

 

 

さらにお得な情報が・・・

「風水住宅」を比べましょう!!

 

何事も比較が重要です。

 

住宅選びもハウスメーカー選びも比較が重要なのです。

 

こちらでご紹介しているサイトは、ダイワハウス以外のハウスメーカーからも「風水のパワーを活かした間取り」が請求できるのです。ダイワハウスだけではなく、積水ハウスやヘーベルハウス、セキスイハイム、三井ホームなどからも「風水のパワーを活かした間取り」の請求が一括で出来るのです。

 

しかも、その間取りに即した細かい見積もりも送ってくれるのです。

 

もしかするとダイワハウスよりも、素晴らしい「風水住宅」を提案するハウスメーカーが現れるかもしれません!!

 

その可能性は十分にあります!!

 

 

 

 

家を建てる時の風水

風水は、古代中国で発展した東洋の伝統的な思想で、自然界の気流や生気を調整することで、人々の健康や幸福をうかがうものです。建物のエネルギーの流れを調整し、同居者が穏やかで幸せな生活を送ることができるとされています。家を建てる際に風水を鎮めることは、建物のエネルギーの流れを調整し、居住者の健康や幸福、繁栄を促進するために重要です。 以下に、家を建てる際の風水の基本的な考え方と注意点をいくつか紹介します。

 

特に、南向きや西向きの状況は陽気で良いエネルギーを持つとされています。また、建物の家の形状には、四角形や長方形が良いとされています。

 

区画の選定 

区画の選定には、周辺の地形や環境、地盤の安定性、水や風の流れ、陽光照射量、周辺環境などを適合する必要があります。日照量が多く陽気で良いエネルギーを持つとされています。また、水や風の流れが良い場所も好ましいとされています。

 

周囲の地形や環境 地点の周囲の地形や環境には、山や川、湖、公園、ビルなどが含まれます。風水では、周囲の地形や環境が家に影響を与えるとされています。 、家が周囲の高い建物に囲まれている場合、陰気が重くなり、気が滞ってしまい、健康や運気にかけてを与えることがあるとされています。

 

日照状況

地面の日照状況には、南向きや西向きの地面が好まれます。 これは、南向きや西向きの方位は日照量が多く、陽気で良いエネルギーを持つためです。

風の通り道

石炭の風の通り道には、風が穏やかに通り抜ける場所が整っています。

水の流れ

風水では、水は豊かなさやのシンボルとされています。とされています。

道路や鉄道の近くにあるかどうか

道路や鉄道の近くに瞬時がある場合、車の騒音や振動が家に影響を与える場合があります。があるため、移動すべきです。

土地の傾斜や地盤の状態 土地の傾斜や地盤の状態は、建物の安定性に影響を与える可能性があります。健康や運気に関することを述べる必要があるため、事前に考えることが重要です。

 

建物の形状 

風水では四角形や長方形の建物が良いとされています。また、建物の形状が複雑で凹凸の激しい場合、エネルギーの流れが乱れるとされています。 、周囲の環境にあった形状を選ぶことが進むとされています。建物の形状は、エネルギーの流れを調整するために考慮されます。以下に、風水建物の形状について詳しく説明します。

 

四角形や直線が好ましい風水では、四角形や直線が建物の形状として好ましいとされています。四角形や長方形は正確な形で、調和のとれたエネルギーを持っていることができます。鋭角な角度や凹凸の激しい形状は静止風水では、鋭角な角度や凹凸の激しい形状はエネルギーの流れを乱すとされています。て不安定な気持ちにさせてしまうため、移転すべきです。

 

古代中国の象形文字に基づく形状を選ぶ 風水では、古代中国の象形文字に基づく形状を選ぶことが対応とされています。と調和したエネルギーを生み出すことができます。例えば、「山」の字形の建物は、安定したエネルギーを生み出すことができます。屋根の形状も重要 風水では、建物の屋根の形状も重要な要素の一つです。例えば、屋根が傾斜している場合、雨水がスムーズに流れ、建物のエネルギーが良好になるとされています。 、屋根がすぐな場合は、エネルギーが滞りやすく、健康や運気を考えているため、控えるべきです。

 

以上が、風水における建物の形状に関するポイントです。建物の形状は、エネルギーの流れを調整するために重要な要素であるため、事前によく考えることが重要です。

 

玄関の位置 

玄関は、家のエネルギーの出入り口であり、重要なポイントとなります。 玄関は明るく開放的で、広々としたスペースが必要です。 また、玄関の前には障害物を置かず、広いスペースを準備することが進められています。

 

部屋の配置 

風水では、部屋の配置も重要なポイントです。例えば、寝室は静かで落ち着いた場所に配置されるべきであり、キッチンは明るく清潔な場所に配置されることが有利とされています。また、家具の配置にも注意が必要で、家具同士の距離や向きなどエネルギーの流れに影響を与えているとされています。部屋の配置によって、部屋内のエネルギーが変化し、運気や健康に影響を与えます。以下に、風水における部屋の配置について詳しく説明します。

 

玄関の位置

玄関は、建物内に入ってくるエネルギーの出入り口となります。風水では、玄関が運気を司る場所とされています。玄関が良い場所にある場合、建物内に良いエネルギーが入ってきて、運気を上げることができます。逆に、玄関が悪い場所にある場合、建物内に悪いエネルギーが入ってきて、運気が低下します。

 

玄関の方角

風水では、玄関の方角によって運気が変化するとされています。 以下に、玄関の方角による運気の変化をまとめました。

  • 北側:冷たいエネルギーが強く、健康に理由を与えることがある。また、商売繁盛に不向きであるとされている。
  • 東側:新しいエネルギーが入ってくるため、新しいことを始めるにはきちんとしているとされている。
  • 南側:暖かいエネルギーが強く、成長や成功に実になっているとされている。
  • 西側:大きな変化を起こすときはそうしているとされているが、普段の生活には向いていないとされている。
  • 北東側:安定した運気があるため、健康や安定した生活を望む人に整っているとされている。
  • 南東側:成長や成功に応じているとされている。
  • 南西側:家族関係や夫婦関係に良い影響を与えるとされている。
玄関の位置

玄関が建物内でのエネルギーの出入り口となるため、建物内でのエネルギーの流れに影響を与える場合があります。 以下に、玄関の位置による建物内のエネルギーの変化をまとめました。
中央にある玄関

エネルギーの流れが良くなり、運気が高まっているとされている。また、家族や友人が集まりやすいため、人間関係が良くなるようになっている。

建物の端にある玄関

エネルギーの流れが悪く、運気が下がりつつある。また、家族や友人が集まりにくいため、孤独感や寂しさを感じやすくなる。

 

部屋の配置

部屋の配置は、建物内のエネルギーの流れを決定します。風水では、良いエネルギーが流れるように、部屋の配置を調整することが進められています。集まる場所であり、運気が高まる場所とされています。また、寝室は休息や睡眠に使われる場所であり、健康に良い場所とされています。

 

部屋の配置は非常に重要な要素の一つです。部屋の配置によって、部屋内のエネルギーが変化し、運気や健康に影響を与えます。以下に、風水における部屋の配置について詳しく説明します。

  1. リビングルームの配置によって、家族の結束力や人間関係に影響を与えることがあります。配置についてまとめました。
  2. リビングルームを建物の中心に配置することで、運気思考、家族の結束力が強くなってきています。
  3. リビングルームを建物の角に配置することは控えるべきです。建物内のエネルギーの流れが悪くなり、運気が下がる可能性があります。

 

寝室の配置
  1. 寝室は休息や睡眠に使われる場所であり、健康に良い場所とされています。でした。
  2. 寝室を建物の中心に配置することで、健康や安定した運気をもたらすとされています。
  3. 寝室のベッドは壁から遠ざけることが対処です。
  4. 寝室に鏡を置くことは控えるべきです。鏡によって、睡眠の質が低下することがあります。

 

書斎やオフィスの配置

書斎やオフィスは、仕事や学習に使われる場所であり、知識や知性を刺激する場所とされています。 以下に、書斎やオフィスの配置についてまとめました。

  1. 書斎やオフィスは、静かな場所に配置することが進められています。
  2. 書斎や事務所に植物を置くことは適当です。植物は水を必要とするため

 

部屋の形状

部屋の形状によって、部屋内のエネルギーが変化します。風水では、四角形や長方形の部屋が良いとされています。を下げます。

 

家具の配置

家具の配置も、部屋内のエネルギーの流れを変えることが出来ます。 、寝室ではベッドの位置を調整することで、健康や睡眠に良い影響を与えることができます。

 

 

色や素材の選定 

風水では、家の内装や外装の色や素材も重要視されます。風水において、色や素材は建物内の影響を与える要素の一つです。色や素材を選ぶことで、建物内のエネルギーを整え、運気や健康に良い影響を与えることができます。に、風水における色や素材の選定について詳しく説明します。

色の選定

風水において、色にはそれぞれ意味があり、建物内のエネルギーに影響を与えます。 以下に、代表的な色の意味を紹介します。

 

赤色:情熱や活力を付与。
オレンジ色:元気や活力を与える。また、人間関係を良くする効果があるとされている。
黄色:知性や創造力を刺激する。ただし、複雑に使うと不安や緊張感が高まるため、程々に使うことが対処。
緑色:癒しや安らぎを与える。また、健康やエントランスのシンボルとされている。
青色:安心感やリラックス効果がある。また、知的なイメージを与える。
紫色:高貴なイメージを与え、クリエイティブなアイデアを引き出す効果がある。

素材の選定

風水において、素材にもそれぞれ意味があり、建物内のエネルギーに影響を与えます。 以下に、代表的な素材の意味を紹介します。
木材:自然のエネルギーをもたらす。また、人々の健康や安全を守る効果がある。
石材:安定感を与え、邪気をすぐに効果がある。
金属:知性や洞察力を刺激し、豊かさや成長の象徴とされている。
布地:柔らかなエネルギーをもたらす、癒しの効果がある。
ガラス:清潔感と透明性を与える。また、クリエイティブなアイデアを引き出す効果がある。

色と素材の関係性

色や素材の使い方 風水において、色や素材の選び方だけでなく、使い方も重要なポイントです。 以下に、色や素材の使い方についてまとめました。

 

色や素材のバランスを取る

色や素材をバランスよく取り入れることで、建物内のエネルギーが均等化され、健康や運気に良い影響を与えることができます。

部屋の用途に合わせる

色や素材の選定は、部屋の用途に合わせて行うことが進められます。色や素材を取り入れることが良いとされています。

反映させる

風水において、色や素材の選定は個人の好みによって異なる好みが生じます。自分が好きな色や素材を取り入れることで、建物内のエネルギーが良い影響を与えることがあります。

時期によって変える

季節や年齢、ライフスタイルによって、色や素材の好みが変わることがあります。建物内のエネルギーに合わせて、色や素材を変えることが対処です。

 

 

風の通り道 

石炭の風の通り道には、風が穏やかに通り抜ける場所が整っています。水の流れの風水では、水は豊かなさやのシンボルとされています。風通り道は非常に重要な要素の一つです。風通り道は、建物周辺の風の流れを調整し、建物内のエネルギーを調整するために考慮されます。以下に、風水における風通り道について詳しく説明します。

 

 

風が穏やかに通り抜ける場所が整っている風水では、風が穏やかに通り抜ける場所が事情になっています。特に、風の通り道が直線的に伸びている場合は、強い風が吹き抜けるため、建物の周辺に風を遮るものを設置することが対処とされています。風の通り道を調整するために風景や植物を活用する 風水では、風景や植物を活用することで、風通り道を調整することができます。また、風景によって風が集まる場所を変えることもできます。 例えば、風が南側から吹いてくる場合は、北側に風景を設置することで、風が遮られ、風通り道を調整することができます。

 

風通り道が穏やかになるように建物を設計する建物自体も、風通り道を調整するために設計されることがあります。例えば、建物の角度を調整することで、風の流れを穏やかにするまた、風が直当たらないように、建物の窓を設置する場所や大きさを調整することも重要です。 これにより、風の通り道が穏やかになり、エネルギーの流れがスムーズになります。

 

風が穏やかに通り抜ける場所が整っている風水では、風が穏やかに通り抜ける場所が事情になっています。特に、風の通り道が直線的に伸びている場合は、強い風が吹き抜けるため、建物の周辺に風を遮るものを設置することが対処とされています。

風の通り道を調整するために風景や植物を活用する 風水では、風景や植物を活用することで、風通り道を調整することができます。また、風景によって風が集まる場所を変えることもできます。 例えば、風が南側から吹いてくる場合は、北側に風景を設置することで、風が遮られ、風通り道を調整することができます。

風通り道が穏やかになるように建物を設計する建物自体も、風通り道を調整するために設計されることがあります。例えば、建物の角度を調整することで、風の流れを穏やかにするまた、風が直当たらないように、建物の窓を設置する場所や大きさを調整することも重要です。 これにより、風の通り道が穏やかになり、エネルギーの流れがスムーズになります。

以上が、風水における風通り道に関するポイントです。建物周辺の風の流れを調整することで、健康や運気に良い影響を与えることができます。

 

道路や鉄道の近くにあるかどうか

道路や鉄道の近くに瞬時がある場合、車の騒音や振動が家に影響を与える場合があります。風水において、道路や鉄道の近くに建物がある場合は、建物内のエネルギーに影響を与える場合があります。 以下に、道路や鉄道の近くにある場合の風水の考え方について詳しく説明します。

 

道路の近くに建物がある場合 道路の近くに建物がある場合、交通量や騒音が建物内のエネルギーに影響を与える場合があります。 特に、交通量が多い場所や交通事故が多い場所に建物がまた、建物の玄関が道路に向かっている場合は、建物内に悪いエネルギーが入りやすくなるため、そちらにすべきです。

 

鉄道の近くに建物がある場合 

鉄道の近くに建物がある場合、電磁波が建物内のエネルギーに影響を与える可能性があります。 特に、高速鉄道の近くに建物がある場合は、建物内のエネルギーが乱れるそのため、移転すべきです。

 

道路や鉄道の近くに建物がある場合の対策
  • 道路や鉄道から距離をとることで、建物内に入り込む悪いエネルギーを減らすことができます。
  • 防音対策をする 道路や鉄道からの騒音を軽減するために、建物に防音対策を証明することが対応とされています。
  • 遮音壁を設置する 道路や鉄道に面している場合は、遮音壁を設置していることで、建物内への混入騒音を軽減することができます。
  • 建物の玄関を道路から遠ざける 道路に面している場合は、建物の玄関を道路から遠ざけることで、悪いエネルギーが入り込みにくくすることができます。

 

「風水」豆知識

風水は家の中にある気の流れから家の吉凶を判断しますが、当たり前ですが、気というものは目に見えません。そのため、建物の向きや生まれ年などをもとに、家を流れる気と方位の吉凶を導き出すのです。一般の人でも簡単に家の吉凶を判断できます。開運に適した間取りやインテリアが具体的にわかるため、世界中でとても人気があります。ただし、この方法は、日本で一般的に知られている「九星気学」を使った風水とは異なるので、混同しないように注意しましょう。

 

間取りの善し悪しを開運のインテリア

風水では方位にも吉凶があるとし、それぞれに適した部屋や物を置くと良いとされます。さらに五行などをうまく応用し、NGポイントや適したインテリアなどを導き出します。なお、自分にとっての吉方位と凶方位は、生まれ年から割り出す「本命卦」によって知ることができます。本命卦の根拠となる陰陽と八卦陰と陽をさらに細かく8つに分類したのが八卦です。「本命卦」とは人が生まれもった性質のようなもので、8タイプに分けられます。その根拠となるのが、中国古代から伝わる「易」の考え方をもとにした「陰陽」と「八卦」です。

 

宇宙のすべては5要素からできている

風水の大きな柱となるもう1つの考え方である「五行」です。古代中国では、あらゆるものが「木・火・土・金・水」の五元素から構成されると考えられていました。五元素は互いに影響を与え合い、それにより万物が生まれ、消えるという現象が起こり、そして循環していくとされています。これらの考え方が五行説と呼ばれ、風水はもちろん、家相、中国のあらゆる占い、中国医学に用いられているのです。五行はそれぞれ相互関係があります。風水ではこの五行の相生、相剋関係を使い、方位の気を弱めたり強めたりして活用します。


 このエントリーをはてなブックマークに追加 

※記事内には「PR」の宣伝活動および、アフィリエイト広告が含まれております。