クレバリーホーム「風水の間取り」はこちらから!!

 

クレバリーホームで「風水住宅」を建てることができます。

 

オシャレな外壁タイルが素敵な「クレバリーホーム」で開運の風水住宅を建てること可能なのです。クレバリーホームでは風水の住宅は建てられないと思っている方が多いようですが、実はクレバリーホームでも風水や家相の考え方に基づいた、素敵な注文住宅を実現できるのです。

 

まずはこちらからクレバリーホームの【風水の間取り】を請求してみて下さい↓↓↓

 

 

 

 

他のハウスメーカーと比較しましょう!!

上でご紹介しているサイトは、クレバリーホーム以外のハウスメーカーからも、「風水の間取り」を請求することが可能です。

 

クレバリーホームとよく比較される「アキュラホーム」「タマホーム」「アエラホーム」などからも「風水の間取り」を請求できるのです。さらには「セキスイハイム」や「ダイワハウス」「積水ハウス」といった超大手の有名ハウスメーカーの「風水の間取り」も一緒に請求することが可能なのです。

 

せっかくなので、クレバリーホームだけではなく、ほかのハウスメーカーの「風水の間取り」もたくさん請求しましょう。

クソみたいなアフィエリエイトサイトが「クレバリーホーム」の間取りを紹介していますが、そんなものは見るに値しません。

 

クレバリーホームの間取りならば、ここで紹介しているサイトで請求すればよいのです。

風水の基本は正確な「磁北」と「家の中心」を割り出すこと

風水住宅

真北と磁北は違う

「風水を実行しているのにちっとも効果がない」という声もしばしば聞きますが、こうおっしゃる人の大部分は方位や中心を正確に出していません。だいたいこっちが北だと思う、お日様がこっちから昇るからこのあたりが東……などとおよその方位を頼りに風水を実行しているのです。これでは効果が出なくて当たり前でしょう。せっかくの風水が無駄になってしまいます。
風水が全く効かないという場合、方位違いをしている大がけっこう多いのです。まずは正確な方位を出しましょう。家探し、家づくりをするときもやはり正確な方位を求めて間取りを検討していただきたいですね。一般に確認申請に出す図面や不動産会社が用意する図面の北は真北が表示されています。これは地図が指す北と一緒です。しかし、風水では北は真北ではなく、磁石が指す北、磁北で考えます。

 

ですから、まずは磁石を持って正確な北を求めましょう。文房具店などで売っている普通の方位磁石でかまいません。この磁石を持って磁北を測定するのです。磁石に反応するものがあると磁北を正確に指さないので、1か所だけで測定するのではなく、数か所で測定し、磁北を確認してください。

 

家の中心の出し方

家の中心もやはりだいたいこのあたり、というのはいけません。正確に出してください。長方形や正方形の外郭ラインの住まいなら対角線の交点が中心になりますが、張り(出っぱり)や欠け(凹み)がある建物の場合、問取り図を川意し、裏に厚紙を貼り、住まいの外枠に沿って切り取ります。ベランダやポーチ、出窓はこのとき切り取ってください。

 

切り収った間収り図を、千枚通しやコンパスの針など先のとがったものの上にのせ、バランスがとれるところを探します。そこが家の中心になります。家の中心を通り、磁北方位に向けてラインを引き、南北のラインを出します。それに直角に中心で交わるラインが東西のラインになります。東、西、南、北はそれぞれ30度、残りの60度が東北、東南、南西、北西になります。これは風水の基本ですが、この基本がしっかりできないとせっかく風水を実行しても効果はありませんし、その家の運気の流れを把握することはできません。磁北と家の中心は正確に求めてください。

 


 
 このエントリーをはてなブックマークに追加