住宅を比較する 

ZEH住宅こそ、『見積もり』『間取り』の比較が重要なのです。なぜなら、ZEH住宅は各ハウスメーカーによってその内容と価格が大きく異なるのです。ZEHが得意で低価格で効率良いZEH住宅を建築できるハウスメーカー。そうでないハウスメーカーとハッキリと別れているのです。

 

 

ZEH住宅は・・・・

 

『住宅の基本性能』 『間取り』 『価格』

 

に違いがハッキリと表れる!!

 

 

だから・・・・

 

ZEH住宅こそ、『見積もり』『間取り』の比較が重要!!

 

 

 

今話題のZEH住宅〈ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス〉!!
大手ハウスメーカーを中心に各社が積極的に展開しています。積水ハウスでは、すでに年間販売棟数の7割以上が、このZEH住宅だと言われています。しかしこのZEH住宅の検討にあたっては注意が必要です。ZEH住宅の場合、各ハウスメーカーによってその内容と価格が大きく異なるのです。得意なハウスメーカーとそうでないハウスメーカーの差が非常に大きいのです。低価格で効率的なZEH住宅を実現するハウスメーカーもあれば、ZEH住宅の特性に向いていないハウスメーカーもあります。ですから、ZEH住宅の場合は、建築を依頼するハウスメーカー選びが家づくりの大きなポイントとなるのです。

 

 

 

ZEHは、住宅本来が持つ性能がハッキリとわかる!!

★ZEH住宅のキモは【断熱性の向上】 住宅本来の基本性能の差がハッキリと出る!!
 
ZEHと言えば、太陽光発電や蓄電池システムやHEMSなどといった最新ZEH機器を連想する方が多いでしょうが、実は住宅の基本性能である【断熱性の向上】を図ることが大きなポイントなのです。いえ、ポイントどころかZEH住宅の「キモ」とも言えるでしょう。太陽光発電や蓄電池でエネルギーを作ったり、貯めたりすることも必要なのですが、それらを効率よく使うことのほうが重要なのです。住宅においての効率の良いエネルギー消費の大前提が【断熱性の向上】なのです。すなわち優れた断熱性を持つ住宅であることが、ZEH住宅において最大の武器になるのです。断熱性の高い住宅は低コストでZEH仕様に変更が可能なのです。ですから断熱性や住宅の基本性能が優れているハウスメーカーほど、安価で効率的なZEH住宅を実現しているのです。

 

ここで気をつけなければならないのが、「低価格住宅」や「ローコスト住宅」などと謳っているハウスメーカーです。これらの中にも基本性能が優れた住宅はありますがその数は極小数で、ほとんどが外観や内装、広さなど見た目を重視した住宅ばかりです。低コストで見た目を重視すれば、住宅の基本性能である【断熱性】が疎かになってしまうことは想像がつきます。このような住宅をZEH仕様にするには、多くの費用が必要になります。ですから、標準仕様が安価で安い住宅だからといって、低コストでZEH住宅が実現する訳ではありません。得てして逆の場合が多いのです。

 

 

住宅の基本性能は『見積もり』『間取り』比較で一目瞭然!!

ZEHはハウスメーカーの得手不得手がハッキリと表れる住宅なのです。それは価格と間取りを比較すれば一目瞭然です。ですからZEH住宅のハウスメーカー選びは『見積もり』と『間取り』を比較する必要があるのです。いえ、ZEH住宅こそ『見積もり』と『間取り』を比較すれば、素人でも最善のハウスメーカー選択ができるのです。

 

 

ZEH住宅はハウスメーカーによって間取りが大きく違う!!

★各ハウスメーカーのZEH住宅の差は『間取り』にハッキリと表れる!!
 
同一金額で見積もりをするとZEH住宅の場合、その間取りに大きな違いが現れます。ZEH住宅の大きなデメリットは【断熱性能の向上】を図るために、間取りの制約や、設計自由度が標準的な住宅に比べて低いことです。このデメリットは意外と知られていませんが、ZEH住宅の購入者の多くが直面する問題なのです。【断熱性能の向上】を実現するために天井の高いリビングや、吹き抜け、ロフト、あるいは大きな窓やサッシなどの採用において妥協が必要になるケースが多々あるのです。しかし、これも住宅の基本性能や断熱性能がはじめから優れているハウスメーカーの住宅ならば、小さな妥協で収まります。ですから、ZEH住宅において間取りに関しては、各ハウスメーカーの差が如実に表れるポイントなのです。

 

 

『見積もり』『間取り』比較で、各ハウスメーカーの違いがハッキリ!!

ZEH住宅こそ、『間取り』の比較が重要なのです。そこには同一金額での『見積もり』も必要になります。逆に言えばこの2つが揃えば、自分に最適な間違いのない、後悔のないZEH住宅選びができるのです。また、ZEH住宅においては、はじめから一社や二社のハウスメーカーに絞って検討することは非常に危険なことです。この一社や二社のハウスメーカーがZEHに不向きなハウスメーカーだとしたら、あなたの家づくりは後悔という結末が待っているでしょう。ZEH住宅は各ハウスメーカーの差がハッキリと出ます。ですから、可能な限り多くのハウスメーカーの『見積もり』『間取り』を比較することが最善の策です。5、6社・・・いえ、可能な限り多くのハウスメーカーを比較することをお勧めします。しかし『見積もり』と『間取り』をたくさん集めると言っても容易なことではありません。

 

 

【知らなきゃ損する】ZEHの『見積もり』がネットで取れます!!

『見積もり』と『プラン』を集めることは容易なことではありません。各ハウスメーカーと直接やり取りしなければ、『見積もり』や『プラン』は手に入りません。しかし、これも昔の話です。今は、なんとネットから簡単にハウスメーカーのZEH住宅の『見積もり』と『間取り』が入手できるのです。パンフレットや資料ではありません。『見積もり』と『間取り』が送られてくるのです。まさに画期的なサービスです。そのサービスを展開しているのが《タウンライフ ZEH住宅特集》なのです。しかもこの《タウンライフ ZEH住宅特集》は大手のハウスメーカーが軒並み参加している優良サイトです。

 

 

しかもシリーズ累計利用者が126万人と圧倒的な実績が自慢の安心して利用できるサイトです。資料やパンフレットが送られてくるサービスはたくさんありますが、、『見積もり』や『プラン』が送られてくるのは《タウンライフ ZEH住宅特集》だけです!!後悔のないZEH住宅づくりの第一歩を《タウンライフ ZEH住宅特集》で初めてください!!

 

※環境共創イニシアチブ

 

 

 

ZEH住宅の問題点

問題点

国が「長期優良住宅」以上に、機械化した「ZEH」(ゼッチ/ネットーゼロ・エネルギー・ハウス)と呼ばれる省エネ住宅を推奨しています。屋根の上に太陽光発電パネルを載せ、蓄熱暖房器などを使い、エネルギーの自給自足を目指すというものですが、機械の力を借りなければ暮らしが成り立っていないのがよく分かります。

 

経済産業省がZEH支援事業として補助金を出しており、このことだけを聞くと、皆さんは「良い家だから支援するんだろう」と信じてしまいますが、実はそうではないのです。突き詰めていけば、経済産業省は経済が良くなればいいわけですから、高額な製品が売れて大手メーカーが儲かり、経済が動けば補助金を出す意味があるということです。

 

また、長い目で考えてみると、補助金をもらうことで痛い目に遭うことは間違いないかと思います。なぜなら、新築時に補助金は出ますが、10年後に機械が故障し、修理または買い替えをする時には補助金は出ません。目先の補助金に惹かれてこの制度を利用すれば、永遠に機械の【奴隷】となってしまうのは否めない事実なのです。私か思うに、日本の住宅業界はそもそもの考え方から間違っています。

 

ZEHは国ぐるみのエコエコ詐欺!!

日本の住宅は、断熱王国のドイツ等の欧米と比較して、断熱性能が大きく劣ります。ドイツの家は、壁には厚さ20〜50センチ、床下には厚さ1メートルもある断熱材が入っていることから、ほんの少し暖房するだけで部屋がすぐに暖まります。しかも、熱を逃さないように、床、壁、天井の断熱材自体が蓄熱するようにできています。このように、ドイツでは機械に頼るのではなく、家自体の断熱性能を最も大切にしているのです。

 

しかし、日本はプレハブのようなスカスカの建物にグラスウールのような性能の低い断熱材でも、太陽光、蓄熱暖房器、エコ給湯器等を取り付ければ省エネ住宅の認定を受け、税制優遇を受けられるのです。エネルギーを使わなければ住めない家なのにどこが省エネなのか、私には、到底理解できません。また、その機械は短命な割には、高額なのです。ランニングコストと機械の設置コスト、その寿命を考慮してみれば、どれだけ消費者が損をするかは明白で、とてもエコなんて言葉を発することはできません。まさに、国家ぐるみのエコエコ詐欺なのです。

 

日本の省エネ住宅の嘘

さらに、日本の省エネの考えには、もう一つ大きな間違いがあります。その間違いとは、建物にかかる全体の光熱費を比較するのではなく「こちらの機械より今回の新製品のほうが、電気代が月々3千円も安いですよ。新製品はエコですよ」などと、機械だけの性能を比較していることです。そして、その機械の価格が、恐ろしく高額なのです。

 

こうしたことからも、資源を大切にするという考えではなく、目先をごまかして、短命で数年ごとに買い替えが必要な上に高額な機械を売ることが第一の目的としか思えません。私だけでなく、誰もがドイツの家のほうが、本当の省エネ住宅だと言い切れるのではないでしょうか。

 このエントリーをはてなブックマークに追加