ヘーベルハウスで「風水住宅」を建てよう!!

風水住宅をたてよう

「ヘーベルハウス」+「風水」

 

大手鉄骨ハウスメーカーの「へーベルハウス」でも風水住宅は建築可能です。

 

 

ヘーベルハウスでも「風水」や「家相」の考えを取り入れた注文住宅を建てる事が出来ます。

 

こちらのサイトから、ヘーベルハウスの風水をしっかりと考慮した【間取りプランニング】と【見積もり】を取ることが出来るのです。↓↓↓↓↓

 

 

しかも無料です!!

 

 

ヘーベルハウスでも、開運の風水住宅は建築可能です!!

 

 

 

「ヘーベルハウス」+「風水の間取り」は完全無料

 

利用は完全無料です。

 

ヘーベルハウスで風水のパワーを取り入れたいと少しでも思われるなら、ぜひ利用すべきです。無料なので、とりあえず間取り請求をしてみましょう。何しろネットからの間取り請求なので、しつこい営業をされる可能性がありません。住宅展示場や販売センターなどに行かなくても良いのですから、気軽に間取り請求が出来るでしょう。

 

無料なのですから、悩まずネットから「ヘーベルハウスの風水の間取り」を請求してみて下さい。

 

各ハウスメーカーの「風水住宅」が比較出来る!!

ちらのサイトを利用ですると、各有名ハウスメーカーの「風水住宅」の【間取り】と【見積もり】が一度に手に入ります。ヘーベルハウスと一緒に、セキスイハイムやダイワハウス、積水ハウス、ミサワホーム、三井ホーム、パナソニックホームズなど、大手有名ハウスメーカーの風水の間取りも集めましょう。

 

そうすることによって、各ハウスメーカーの風水の間取りを詳しく比較することが出来るのです。勿論、見積もりも一緒に送られてくるので、価格や予算の比較も一目瞭然です。

 

賢く風水住宅を建てたのなら、ぜひ、利用すべきでしょう。

 

 

風水は「家の中心」で決まる

 

【家の中心の役割】

 

家相の基本は”家の中心”にあります。大地のエネルギーと天のエネルギーは、ます家の中心に集まります。しかも中心に集まるエネルギーは、すべて同じではありません。その家の間取りや外観などによって違ってくるのです。

 

たとえば、鬼門(東北)が欠けている家ならば鬼門のエネルギーが足りなくなり、西が張り出している家ならば西のエネルギーがもっとも強く中心に働く、というわけです。「吉相の部分は、その方位のエネルギーの量がより多く中心に集まり、凶相の部分は他より少なめに中心に集まる』これが家相の第一の原理なのです。

 

家の中心に集まったこれらのエネルギーは、次に八方位にわかれていきます。この時も、吉相のエネルギーは吉相の部分に作用し、凶相のエネルギーは凶相の部分に作用します。だから『吉相はさらに吉相になり、凶相はさらに凶相になってしまう』のです。これが、家相の第二の原理です。これらに気を付けて「風水の間取り請求」を行いましょう。

 

「家の中心の部屋を寝室にすると、大物が育つ」「主は中央に座らせろ」ともいわれています。とにかく、中央にはいちばんよいエネルギーが宿ります。中心の部屋は誰が使ってもよい場所ですが、大切にきちんと使うべきでしよう。家の中心が凶ならば、天や地からのエネルギーがうまく集中しないし、さらに八方位に作用しないのです。

 

中心の凶相とは?

昔の家には中心に”大黒柱”と呼ばれる大きな柱がありました。それは当たり前でした。大黒柱は構造的に家を支えるだけでなく、宇宙(天)のパワーと大地(地)のパワーが宿るひもろぎ、要するに神様が宿るようなものだと風水・家相では考えられ、そこに天地のエネルギーが集まり、それから家全体に広められるとされていました。

 

ですから、家の中心がしっかりと建物の中に根ざしていなければ、エネルギーは家の中心に働きませんし、当然八方位に広がりません。「中庭がある家」や「コの字型に欠けている家」は、中心が家の中から外れている可能性があります。そうした作りであれば、中心が家の中にあるかないかすぐに調べてください。中心が家の中にないならば、あなたの家の相は大凶です。

 

家の中心付近に庭を作ることでデザイン上の変化が出せるし、光が中まで入りこみ明るいからという理由で中庭を作る人もいます。しかしこれは、絶対にさけるべきなのです。かなり運が落ちてしまい、本来の運気通りの人生が歩めなかったり、その家に長くいることができなくなります。このような家は、その。”欠け”をふさぐか、エクステリアでうまく補うかすべきでしょう。

 

また、家の中心に浴室やキッチンなど水まわりが配置されていたり、吹き抜けやトップライトがあったり、階段になっていることも、中心に気が集中せす、凶相となります。

 


 このエントリーをはてなブックマークに追加