【坪単価】ダイワハウス【値引き】

ダイワハウスの資料請求2

 

 

 

あなたは、『ダイワハウス』の坪単価や価格や総額、そして値引きについて知りたくてお調べ中ですか? それならば業界歴30年のこの私が、素人にもわかりやすく!ダイワハウスの坪単価値引きについてご説明いたします。 (内容に関しては、万全を期していますが、もし間違っている点があれば、速やかに対応したいますのでご連絡ください。)

 

 

『ダイワハウス』 実際の坪単価の相場とは? 【xevoΣ】

ダイワハウスの2009年から2017年までの平均坪単価を調べてみました。

2009年 70.1万円
2010年 71.8万円
2011年 73.9万円
2012年 75.4万円
2013年 77.9万円
2014年 80.1万円
2015年 81.3万円
2016年 84.5万円
2017年 85.5万円

大手のハウスメーカーの坪単価は軒並み80万円を超えています。そして最近では90万円の大台が見えてきたことも事実です。ダイワハウスも2017年度に85万円を超え、現況の建築費高騰や消費税率のアップなどを考えると、個人的には2019年度には坪単価90万円を超えてくると考えています。

 

 

 

競合他社 現役営業マンからのアドバイス!

しつこい営業

確かにダイワハウスの坪単価は高いと言えるでしょう。ダイワハウスの近年の平均的な広さは約40坪なので、85万円×40坪で約3,400万円となります。家だけで、上モノだけで約3,500万円です。土地からとなると一馬力の一般的なサラリーマン家庭では現実的な選択とは言えないでしょう。むしろ坪単価50~60万円程度の中堅のハウスメーカーでの検討が賢明でしょう。家に上モノに3,500万円を出すか否かは個人の判断です。出せるかどうかは各家庭によって違うでしょう。それぞれによって結論は異なるでしょうが、高い・高価ということだけは事実です。もちろんその価格なりの品質や性能はありますが、それが必要なのかを考えることも大切です。

 

 

「ダイワハウス」の商品別坪単価

 

◆ジーヴォΣ(xevoΣ) (鉄骨2階建て・平屋)

ジーヴォΣの外観画像

 

●坪単価:80~95万円

鉄骨系住宅の最高峰シリーズがこのジーヴォΣ(xevoΣ)です。ジーヴォとは外張り断熱を意味し、シグマは用いられる鉄骨の断面構造を表しています。ジーヴォΣ(xevoΣ)の特徴は簡単に言って3つあります。業界に流れを作ったと言われる「天井の高さ」、独自の鉄骨構造で実現した「優れた耐震性」、ダイワハウスオリジナルの「外張り断熱」です。

 

 

 

◆ジーヴォE(xevoE) (鉄骨2階建て・平屋)

ハイムのドマーニ画像

 

●坪単価:65~75万円

ジーヴォE(xevoE)は、ジーヴォΣ(xevoΣ)の安価バージョンだと思っていだければ間違いありません。ジーヴォΣ(xevoΣ)の3つの特徴全てがスケールダウンしています。その代わり価格や坪単価は大幅に下がっています。

 

天井高2.7m~のジーヴォΣ(xevoΣ)に比べると、標準仕様で2.4mと比べ物にならない低さです。費用を捻出してオプションを採用しても2.6mにしかできません。開放感やデザイン性はジーヴォΣ(xevoΣ)に比べると、圧倒的に落ちてしまいます。躯体の鉄骨構造も「Σ」断面ではなく一般的なC型鋼材となって、ジーヴォΣ(xevoΣ)に比べると、強度や耐震性はかなり劣ることとなります。ダイワハウスの一番の特徴でもある外張り断熱も、外張りであることはジーヴォΣ(xevoΣ)同じなのですが、使用される断熱材の厚みが約90mmと、約130mmのジーヴォΣ(xevoΣ)に比べると、これまたチープに感じます。断熱性能、遮音性能共に大幅に下がることになるでしょう。

 

標準仕様とされる外壁材は「DCウォール」となります。ジーヴォΣ(xevoΣ)に採用されているDXウォールと全く同じ素材・構造ですが、DXウォールが厚み34mmに対してDCウォールは厚みが16mmになっています。

 

※「DXウォール」「DCウォール」「DXウォール」その違いとは?

 

 

このように全てにおいて、ジーヴォE(xevoE)はジーヴォΣ(xevoΣ)の劣化版といった感じですが、もう一つ大きな違いがあるのです。それは「規格住宅」という点です。ジーヴォΣ(xevoΣ)は完全自由設計の注文住宅ですが、ジーヴォE(xevoE)はそうではありません。決められた間取りや外観、内装などから選んで作る住宅なのです。ここをこうしたい!あそこをこう変えたい!といった変更は難しいのです。ですから、自由に設計出来る注文住宅の醍醐味は全くないのです。

 

しかしジーヴォE(xevoE)の最大の魅力は価格です。もちろんジーヴォΣ(xevoΣ)よりスケールダウンはしますが、あくまでもジーヴォΣ(xevoΣ)よりも劣るだけで、他社のフラッグシップモデルに引けを取らない十分な性能を維持しています。

 

 

◆ジーヴォグランウッド(xevoGranWood) (木造2階建て))

グランウッドジーヴォ外観

 

●坪単価:65~85万円

ダイワハウスと言えば「外張り断熱の鉄骨住宅」というイメージが強いでしょうが、木造の商品もラインナップされています。ジーヴォグランウッド(xevoGranWood)には3つの特徴があります。

 

「シームレス一体スラブ基礎」を採用し、基礎の立ち上がりと底部に継ぎ目のない構造を採用することで大幅に強度を高めています。また構造用木材には、強度の高いラミナを用いた異等級構成の構造用集成材を使用しています。さらに国産材にこだわっています。そして「邸別構造解析」を取り入れ、耐震性の高い木造住宅を実現しています。

 

 

 

◆スカイエ(skye)(鉄骨3・4・5階建て)

スカイエの綺麗な外観

 

●坪単価:90~120万円

 

スカイエ(skye)はジーヴォシリーズと異なり、【重量鉄骨ラーメン構造】となっています。単純に言えば強度や耐震性は大幅にアップしましが、その分お値段も大幅にアップします。他社の【重量鉄骨ラーメン構造】の住宅との大きな違いは、業界最高クラスの天井高2m72cmです。独自の「DRF構法」を採用することで、高い設計自由度を実現し開放的で明るい間取りが特徴です。

 

◆他社の【重量鉄骨ラーメン構造】

メーカー名 商品名
積水ハウス 「ビエナ」
セキスイハイム 「デシオ」
ヘーベルハウス 「フレックス」
パナホーム 「ビューノ」

 

 

◆ジーヴォ03(xevo03)(鉄骨3階建て)

ジーヴォ03外観

 

●坪単価:65~80万円

 

 

 

◆プレミアムグランウッド(PREMIUM GranWood) (木造2階建て・平屋)

プレミアムグランウッド 外観

 

●坪単価:110~140万円

 

 

 

競合他社 現役営業マンからのアドバイス!

 

ダイワハウスの資料請求2

私は某ハウスメーカーの現役営業マンですが、勤めている会社も鉄骨住宅を扱っているので、ダイワハウスとは幸か不幸か頻繁に競合してしまいます。

 

ダイワハウスの鉄骨住宅は積水ハウスやパナホーム、トヨタホームなどと同じ【鉄骨軸組構造】を採用しています。しかし本音を言えば、技術的には、構造強度的には、最も劣る鉄骨住宅だと考えています。(取り方や、着眼点は人それぞれなので) しかし見せ方が上手だったり、デザイン性が優れていることは確かです。業界に先駆けて高い天井に訴求力を求めたり、さすがはダイワハウスだと感心する点もあります。

 

競合相手の営業マンとしては、やはりダイワハウスさんの値引きには舌を巻いています。私が勤めている会社は値引きに関して渋いハウスメーカーなので、最後の最後でダイワハウスさんの値引き戦略に負けることが多々あります。ウチや積水ハウス、セキスイハイムでは提案できないような値引きを出されているようで・・・値引き合戦ではダイワハウスさんには勝てません。検討をしているお客様にとっては喜ばしいことなのでしょうが・・・

 

 

 

ネット上のダイワハウスの坪単価情報は信じて良いの?

信じていいの?

インターネットを少し検索すると、ダイワハウスの坪単価に関する情報がたくさん出てきますが、それらの情報を鵜呑みにして良いものなのでしょうか?

 

 

結論から言えば、

 

正解もあれば 、間違っているものも多くあります。

 

 

実際にダイワハウスで建てられた方の建築ブログなどはとても参考になるでしょう。ですが、そうではないサイトやブログなどの情報は、鵜呑みにするのは非常に危険な事です。また、それらの情報の正誤を判別する能力や知識は、一般の方にはほぼ無いと言って良いでしょう。ですからそういった情報はあてにせずに、ご自身で確認することをお勧めします。特に価格や坪単価、総額などといったお金の部分は慎重に。

 

 

ネット上の坪単価情報は、全くあてにならない!!

ダイワハウスネットアドバイス

業界の人間から言わせていただくと、ネット上の坪単価の情報ははっきりと言ってめちゃくちゃです。間に受けないほうが安全です。特にアフィリエイトなどの営利目的のサイトは酷いものです。どこかから引っ張ってきた間違った情報を、そのままコピーして掲載しています。それをまた他の人間がコピーしてと・・・・やりたい放題となっています。こんなものを信じて、検討の材料とすることは非常に馬鹿らしいことです。ですからネットの情報を鵜呑みにせず、ご自身で見積もりをとって慎重に検討することを強くお勧めします。見積もりさえあれば、明確に坪単価が、価格が、予算が分かるのです。

 

 

 

見積もりはどこでもらえるの? 【ダイワハウス】

ハウスメーカーの見積もりは展示場やモデルハウスへ足を運んで、具体的な話を進めないと作ってはくれません。いきなり展示場へ飛び込んで見積もりを依頼しても、すぐには作ってくれないのです。展示場やモデルハウスへわざわざ足を運ぶのも面倒ですし、何しろしつこく営業されるのかと思うと気が滅入ります

 

しかし、ご安心ください。

 


今の時代は、インターネットで見積もり請求ができるのです!!

 

ハウスメーカーや工務店の資料請求ならよく耳にしますが、見積もりの請求は初めて聞くのではないでしょうか? なんと今は、見積もりの請求がネットで簡単に出来るサイトがあるのです。それが、こちらの「タウンライフ家づくり」です。

 

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

この「タウンライフ家づくり」は、インターネットでハウスメーカーの見積もり請求が出来る唯一のサイトです。他にはこのようなサービスを行っているサイトはありません。ネットからの簡単請求で、10日程度で自宅に気になるハウスメーカーの見積もりが届くのです。

※見積もりまでは・・・資料やカタログで十分という方はこちら

 

 

 

 


◆正確な坪単価を知る方法は【見積もり】だけ!!

ダイワハウスが気になっていれば、ダイワハウスの価格や予算、そして坪単価が一番の関心事ではないでしょうか?価格や予算、総額、坪単価を正確に知りたければ、見積もりの請求をすれば良いのです。

 

 

見積もり ⇒ 明快な坪単価がわかる

 

 

あなたの建てたいと思っている内容で見積もりをとれば、一円単位まで正確に価格や予算、そして坪単価が明確に分かるのです。全く迷う必要はないのです。ネット上の不正確な情報に左右される必要もないのです。見積もりさえあれば良いのです。

 

 

 

◆ネットで見積もり請求が出来る便利な時代!!

 

インターネットが普及した今の時代は、なんとハウスメーカーの見積もり請求がインターネット経由で簡単に取得できるのです。10年前には考えられない事でした。しかし今では賢い人はこのネット見積もりをうまく利用しているのです。

 

 

ネット見積もりの真実

 

 

 

競合他社 現役営業マンからのアドバイス!

 

プレミアムグランウッド 外観

私は既に「ベテラン」と呼ばれる営業マンとなりましたが、この「タウンライフ家づくり」のネット見積もりサービスが始まった時にはとても驚きました。インターネットは便利なものですが、まさかここまで進化するとは・・・そう感じました。見積もりの作成は営業マンにとっては、営業の駆け引きをしたり、お客様の内容を把握する絶好の機会です。しかし、それがインターネットにとって変わられ、営業のチャンスを逃すことになるのです。しかし、逆の立場で考えれば、これほど便利なものはありません。自宅のPCや手持ちのスマホから、いつでもどこでも簡単にハウスメーカーの見積もり請求ができるのですから。住宅の営業に良くないイメージを持っている方や、実際に過去にそのような体験をされた方にとっては、非常に安心できるサービスだと思っています。

 


ダイワハウスの値引き交渉 実際に値引きは可能か?

値引きの画像挿入

 

ダイワハウスはで値引きをしてくれるのでしょうか?

ダイワハウスでは値引きの交渉は可能なのでしょうか? 値引き交渉をしても応じてくれるのでしょうか?

 

答えは「YES」です!!

 

ダイワハウスでは値引き交渉は可能です!!

 

実はダイワハウスは、値引きに関してとても柔軟なハウスメーカーとして有名です。大手のハウスメーカーの中では最も値引きに関して寛容な会社と言っても過言ではありません。値引きを期待している方にとってはダイワハウスは頼もしいハウスメーカーとも言えるでしょう。

 

 

 

ダイワハウスの値引き金額の標準は、そして最大は?

ダイワハウスで値引き交渉をした場合の標準的な値引き金額は、どれくらいなのでしょうか? 大手ハウスメーカーの平均的な値引きの割合は、総額の3%~5%程度だと言われています。しかし、ダイワハウスは値引きに関しては非常に寛容なハウスメーカーです。(他大手と比べると) 交渉次第では5%以上の値引きも可能だと言えます。まずは目安として3~5%程度で交渉してみてください。

 

では、最大ではどれくらいの値引き金額が狙えるのでしょうか? 最大の値引きを狙うならば、値引きの交渉方法などよりも重要な事があるのです。それは値引き交渉を行う時期です。時期が重要なのです。

 

 

 

大きな値引きを狙うなら、決算時期に交渉を行うべき!!

ダイワの決算

大きな金額の値引きを狙うのなら、その交渉を行う時期が非常に大切です。交渉のテクニックや話法などよりも、時期の方が重要なのです。下手な交渉でも意外とすんなりと大きな値引き交渉が成功するという時期があるのです。

 

最大の値引きを引き出せる時期は、ズバリ「3月」です。ダイワハウスの年間決算の締めは3月の末となっています。この3月の末に向けて、値引きの交渉をするべきなのです。自動車や洋服でもそうですが、やはり決算の時期が年間で一番ビックなセールとなるのです。1月から2月あたりから具体的な交渉を始め、3月の末に向けて最終的な交渉をしてください。そうすれば、5%以上の値引きも狙うことが十分に可能です。さらには、以下で紹介する【相見積もり】を合わせて使えば、有利な値引き交渉ができ、より大きな金額の値引きが期待できるでしょう。

 

 

 

ダイワハウスの決算時期 ⇒ 3月

 

 

3月の決算時期 ⇒ 大きな値引きが狙える

 

 

 

競合他社 現役営業マンからのアドバイス!

 

ダイワハウスアドバイス

意外と知られていませんが、ダイワハウスは大手のハウスメーカーの中では、値引きに関して一番寛容な会社だと言われています。特に他のハウスメーカーと競合した場合、それも最終的に2~3社に絞って話をしている場合には、大きな金額の値引きで対抗してきます。私が勤めるハウスメーカーとも頻繁に競合しますが、最終的な値引きでダイワハウスに負けることが多々あります。ダイワハウスは我社が対抗できないような大きな金額で、ねじ伏せにくるのです。ですからダイワハウスの値引き交渉は、まずは他のハウスメーカーと競合させて、最後の最後まで粘りに粘って交渉すれば、ある程度の金額の値引きは簡単にゲットできるでしょう。しかし、粘りすぎると心象はかなり悪くなることは理解しておきましょう。ダイワの値引き

 

 

 

現役営業マンが教える「誰でも出来る値引き交渉」!!

私は業界歴30年以上の某ハウスメーカーの現役営業マンです。いくつかの会社を渡り歩き、ハウスメーカーのことは光も影も知り尽くしています。接したお客様は5,000組み以上になります。もちろん多くの方から値引き交渉を受けています。様々な交渉の方法がありますが、大抵はいなすことが可能です。こちらも仕事ですから。プロですから。しかし、そんななかでもこれをやられると厳しいなと感じる値引き交渉があります。

 

 

それは「相見積もり」です!!

 

ダイワハウスの相見積もり

他のハウスメーカーと比べられる事です。それも見積もりを比べる「相見積もり」となると、具体的な金額や価格を比べられるわけですから、話の流れとしては直接的に値引き交渉につながっていくのです。実はこの流れが非常に重要なのです。

 

「相見積もり」というものは、それほど大きなプレッシャーを営業マンに与えるのです。言葉で色々なことを言って交渉するよりも、「相見積もり」の方が遥かに効果的です。しかも複数の見積もりを持っているとなると、真剣にハウスメーカーを決めようと思っている購買意欲の極めて高いお客様なので、営業マンとしてもどうにかして契約につなげたいのです。「相見積もり」を持っているかいないかで、営業マンの反応や対応は大きく変わってくるのです。

 

 

 

たくさん見積もりを集めるの大変難しい! しかし・・・

複数のハウスメーカーから見積もりをとるので「相見積もり」と言うのです。「相見積もり」で値引きの交渉をスムーズに進めたいのなら、できれば3~5社程度の見積もりが欲しいものです。しかし見積もりは展示場やハウスメーカーの販売事務所に行かないと手に入りません。しかもいきなり行って、作って欲しいと頼んでも無理なのです。展示場やモデルハウスを廻って、数日かけないと3~5社の見積もりを集めることは不可能なのです。となると「相見積もり」を使った値引き交渉も簡単ではない・・・・と思うかもしれませんが、ご安心ください。

 

 

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

 

※インターネットで出来る「相見積もり」!! 【これは必見】

見積もりを複数集める「相見積もり」がとても大変なことはご理解いただけたでしょうか? しかしそんな大変な「相見積もり」がネットから簡単に依頼が出来るサイトをご紹介しましょう。それがこちらの「タウンライフ家づくり」です。

 

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

この「タウンライフ家づくり」は、インターネット経由で相見積もりがとれる画期的なサイトです。大変な見積もり集めがネットで簡単にできてしまうのです。まさに夢のようなサービスです。ダイワハウスはもちろんの事、積水ハウスやへーベルハウス、セキスイハイム、住友林業などから、まとめて一括で見積もりの請求ができるのです。この「タウンライフ家づくり」を使えば、各ハウスメーカーの具体的な金額や予算がまるわかりです。

 

そして値引き交渉の有益なツールとなるのです!!

 

 

ダイワハウスの資料請求の注意点!!

ダイワハウスの資料請求

 

 

『ダイワハウス』公式HPでは
 

資料請求しない方が良い!!

 

 

 

【その理由】

 

公式HPで資料請求すると・・・・

 

ダイワハウスの資料だけしか送られてこないから!!

 

(至極当然なのですが)

 

 

至極当然ですがダイワハウス公式HPに資料請求を頼むと、ダイワハウスの資料だけしか送られてきません。一緒に積水ハウスやへーベルハウスの資料も送られてくるなどということは100%ありません。

 

 

  • ダイワハウス一社の資料だけで大丈夫ですか?
  • 他のハウスメーカーの資料も確認しなくて良いのですか?
  • 「住友林業」や「積水ハウス」も気になりませんか?
  • たくさんのハウスメーカーの資料を比べたくありませんか?
  • 一社づつ、資料請求するのは手間ではありませんか?

 

ダイワハウスの資料だけで、本当に良いのですか??

 

ダイワハウス一社だけで・・・・

 

 

 

資料請求はを比較してわかる ハウスメーカーの魅力!!

ダイワハウスの資料請求2

 

◆ダイワハウスの資料だけでは、魅力は理解できません!

 

◆多くのハウスメーカーと比較することで、理解できるのです!

(たまに、他のハウスメーカーの方がいいなと感じるケースもあります)

 

 

ダイワハウス公式HPではダイワハウスの資料だけしか送られてきませんが、ここで紹介する『HOME’S 資料請求』ならば、ダイワハウスはもちろんのこと、積水ハウスやへーベルハウス、セキスイハイムなど、複数のハウスメーカーからまとめて一括で資料請求ができます。

 

 

『HOME’S 資料請求』の方が便利だということです!!

 

 

 

 

 

 


★こっそりプロが教える!資料請求を超える! 最強の『●●請求』とは? ↓↓↓


最強の●●請求とは・・・【見積もり請求】です!!

30年以上も業界で働いてきた私から言わせてもらうと、資料請求では真の意味での比較検討は難しいでしょう。資料請求では物足りないのです。資料請求だけでハウスメーカーを絞っていくことは大変危険なことなのです。

 

私なら資料請求ではなく、見積もり請求をします!!

 

資料請求で理解できることは各ハウスメーカーの内容です。そのハウスメーカーの家づくりの特徴や、こだわりなどは把握できますが、比較検討において肝心な【価格】や【予算】というものが全くわからないのです。資料請求で送られてくるものの中には、ある程度の価格や金額が分かるものもありますが、それはあくまでも目安でしかありません。注文住宅を建てるのですから、実際に建てた場合の金額や価格は、人によって大きく異なってくるのです。あなたが希望する内容で見積もりをとらなければ、具体的な【価格】や【予算】はわからないのです。ハウスメーカーの内容と金額が理解できてこそ、真の比較検討ができるのではないでしょうか。

 

ですから私なら・・・・資料請求ではなく、見積もり請求を行います!!

 

 

「資料請求」は内容の把握しかできない!
「見積もり請求」は価格と内容の把握ができる!
 具体的な比較検討 ⇒ 見積もり請求

 

 

 

前段の「資料請求」の部分をお読みいただいた方には、大変失礼だとは思いますが、私はこう考えます↓↓↓

 

 

資料請求では意味がない!!

 

見積もり請求をするべき!!

 

 

 

本当に、真剣に検討をするのなら、失敗をしたくないのなら、後悔をしたくないのなら、資料請求ではなく、見積もり請求をするべきなのです。こちらにネットでできる見積もり請求サイトをご紹介しておきます。本気で注文住宅、ハウスメーカーをご検討ならば、迷わずクリックです!!

 

↓ ↓ ↓

 

 

 

 

営業されない「資料・見積もり請求の方法」をプロが伝授!!

しつこい営業

資料請求や見積もりの請求をすると、しつこく営業をされるのではないかと敬遠している方が多いようです。実際に一部のハウスメーカーの中には、未だに体育会系のノリで、ゴリゴリと営業活動を行っているところもあるようです。資料請求をしたいが・・・見積もり請求を利用したいが・・・しつこい営業が嫌なのでやめておこう。これではせっかくのチャンスを逃すことになります。

 

そこで、業界の仕組みやカラクリを知り尽くした私が、しつこく営業されない!営業電話がかかってこない!とっておきの資料・見積もり請求の方法をご紹介しましょう。

 

その方法はとても簡単でシンプルなので、本当に効果があるのかと疑う方が多いのですが、実は一番効果的な方法です。しかも誰にもできる簡単なことです。この方法を使えば、しつこく強引な営業をされることもありませんし、嫌な営業電話もかかってきません。

 

 

その方法とは・・・・・

 

 

資料請求、あるいは見積もり請求をする際には、このサイトでご紹介しているネット経由の一括請求サイトをご利用ください。その入力ページの要望欄や希望欄に

 

「しつこい営業はお断りいたします。ご連絡は電話ではなく、メールにてお願いいたします。」

 

と、入力してください。これだけでOKです。

 

 

 

「しつこい営業はお断りいたします。ご連絡は電話ではなく、メールにてお願いいたします。」と入力しておくだけで、しつこく強引な営業はされませんし、営業電話もかかってくることはありません。嘘のような話ですが本当です。実際に今も営業現場で働いている私が確信を持って言っているのですから間違いありません。(信じるか、信じないかは・・・あなた次第ですが・・・)

 

ハウスメーカーのコンプライアンス

特に大手のハウスメーカーは企業コンプライアンスの徹底が厳しくなっています。実は大手のハウスメーカーでは、お客様に直接電話をする前に、メールで意思確認をする事がルールとして定着しています。(現場で働いているから分かることです。)要望欄に「しつこい営業はお断りいたします。ご連絡は電話ではなく、メールにてお願いいたします。」とはきりと主張されると、絶対に積極的な営業活動はおろか、お問い合わせに対する単純なお礼の電話さえもできないのです。明確に「営業されたくない」「営業電話はやめてほしい」と伝えるだけで良いのです。単純でしょ!!

 

 

一部画像はダイワハウスの公式HPより引用しています。

 このエントリーをはてなブックマークに追加